GIOS Compact PRO のピラー固着手術

2020-04-17 14:58

チューニング・メンテナンス

GIOS  Compact PRO のピラー固着手術_d0338933_12204659.jpg
なんだーコレ!?

サドルを固定する支柱部分のピラーという部品です。

この部品が固着して動かなくなることがありますが、これはその相当酷いバージョンで
切断手術により取り外したもです。

通常、軽い固着はプラスチックハンマーなどで衝撃を与えて動かしたりしますが、
これはビクともしなくて手術に至ったわけですが、何が言いたいかと申しますと…
『大事なバイク、定期的なメンテナスやりましょう』ということです。

しかしこれは相当難儀しました、多くの方へ共有したいと思っています。

事の発端は…6~7年ほど乗っているバイクのメンテをお願いしたいというお話でした。
みたところご本人とバイクのサイジングがなされてないようにお見受けしたので、併せてフィッテイングも
ご提案させていただいて実施をしたのですが…
サドル高を調整しようとしたら、固着が発覚しそのまま入院となりました。
外見からはこの状態は想像することはできませんでしたので、前記のプラハンで動かそうとしてもダメ。
違う金属ですから温度差で収縮する時間差があるので温熱冷却を繰り返してみる…ビクともしない。
結局最終手段の切断手術となりました。

1枚目の写真、途中でカットしている部分がフレームから出ていたところです。
下が長いですね~~
フレームの上から打刻調査でおおよそ想定していたものの、とにかく長ーーい。
これが作業を超難解にさせた原因でした。

GIOS  Compact PRO のピラー固着手術_d0338933_12204405.jpg
カットした部分から糸鋸を差し込んで分割してゆくわけですが、フレーム内部に20cm以上も入ってるので
スタンダードな鋸は長さが20cmですから下まで届きません。

一般的でない25cm長のものを入手してシコシコやるのですが、力がかかりにくいし見えないので手探りです。
集中力が長続きせずに、地味に日にちが経っていきます。

2枚目は初期の段階で途中で折れた一部です、これ結構長いけどこれからまだ5cm以上内部に残ってるわけです。
全部と言わなくても数か所の切れ込みから固着は取れるのでは?という憶測は全くあたらず、日にも日にも鋸を動かす日々が続きました。

厄介なのはその手ごたえでした。
フレームに損傷を与えては元も子もないので、慎重にしていたのですが錆びている部分のあたりが抵抗感が増してフレームに届いてる?的な感じがするのと、内部が見えにくく確認が難しかったのも作業を捗らせることができなかった要因です。
何か所かの切り込みでピラーとフレームの間を浮かせれば固着が外れるという方針では埒があかず、結局まずは1か所を下まで貫通させて突破口を開く。
GIOS  Compact PRO のピラー固着手術_d0338933_12203468.jpg
そして2か所めを取り除く作業の途中、残り3cmほどが上からは見えない…
取れそうに見えて何度か叩いていた時に、ついに固着が外れたのです。(;・∀・)

途中、何度も挫けそうになりながらではありましたが、なんとかオーナーの元へ無事にバイクを戻してあげたい、という一心で続けてホッとした一瞬でした。書けば数行、時間は2か月( ´艸`)

恐らく新品の組付けでグリスを塗り忘れたのでしょう、注意数秒…外すの2か月…orz

バイクはクロモリのCompact PROというモデル、GIOSでは高級なモデルです。
GIOS  Compact PRO のピラー固着手術_d0338933_12193179.jpg
GIOS  Compact PRO のピラー固着手術_d0338933_12191149.jpg
GIOS  Compact PRO のピラー固着手術_d0338933_12190998.jpg
ベアリング等もしっかりメンテして…
GIOS  Compact PRO のピラー固着手術_d0338933_12190641.jpg
GIOS  Compact PRO のピラー固着手術_d0338933_12184058.jpg
GIOS  Compact PRO のピラー固着手術_d0338933_12184366.jpg
シルバーのアテネが美しい!
GIOS  Compact PRO のピラー固着手術_d0338933_12182626.jpg
長く大事に乗ってくださいね!

クロモリやカンパニョーロは是非お任せください。
昭和からのロードバイクを知るチクリ・ピオニエーレへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 Cicli Pioniere チクリ・ピオニエーレ
 岡山市北区一宮34-1
 086-897-0879
 営業時間 13:00~19:00 ※時間外は応相談
 定休日:木曜日
 www.pioniere.link
 info@pioniere.link
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・







お問い合わせ

スポーツ自転車に関するスクール・イベント・メンテナンス・パーツなどなどお気軽にお問い合わせください。

086-897-0879

営業時間:13:00 〜 19:00(定休日:木曜日)

関連の記事

2020-04-18 19:03

ブリヂストン クロモリロードレーサー

30年タイムスリップしたような気分だ1990年前後だろうか、懐かしいバイクをレストア依頼を頂いた。東京オリンピックへ向けて、ブリヂストンアンカーは『BRIDGESTONE』と車名を変えた。昭和のレーサーな私達世代では、アンカーよりもBRIDGESTONEのほうが馴染み深いのだ。当時、メーカー主体のチームが多かった実業団において東地区の雄は紛れもなく【...

チューニング・メンテナンス

2020-04-15 06:06

CANYON AEROAD CF SL

CANYONのセットアップやりました。持ち込みOK、というか直送で箱ごと受け入れも可能です。クルマが無くて困る方、手間を省きたい方、いろいろ居られますよね。事前にご相談ください。素人でも簡単に…がメーカーの謳い文句ですが、簡単にはいかないよ。作業内容は…↓Fブレーキアウター長すぎカット、Rブレーキアウター・ワイヤー短くて交換、ブレーキシュー取り付けト...

チューニング・メンテナンス

2019-10-04 16:45

ホイール関連のメンテナンス・修理多いです

良いホイールこそ、ちゃんとしたメンテをしてあげてくださいセンターズレ、案外多いです。ご依頼が多いのはホイールメンテナンスというパックもの。振れ取り、シャフトやフリーボディのグリスアップ、センター出しやテンション確認などです。フリーボディは、よく乗る方なら半年でグリス交換がお薦めです、通常でも1年に1回でしょうか。MAVICはグリスでなくOILなのでメ...

チューニング・メンテナンス

2019-10-04 15:39

ロードバイクだけでなく、他スポーツバイクも診ています。

お気に入りの小径車のメンテナンスとカスタム古巣(ダイヤコンペ)のブレーキとブレーキレバー街中を軽快に走る用のタイヤセレクト大事に長く乗る、応援します。通勤で活躍しているクロスバイクのメンテナンス学生の時に初めて買ったそうで思い入れがあるんですね~洗車して劣化した部分を見極めています傷んだブレーキシューやタイアを交換定期的にチェツクに来てくださるクロス...

チューニング・メンテナンス

2019-03-27 17:47

GIANT TCR フルメンテナンス

大切な思い出と共に…オーナーがもう10数年、いゃ20年近くか…乗り続けるGIANTのロードバイク流石に見かけることは少なくなったモデルだ。オーナーとの付き合いは長い、ある時相談を頂いた。『GIANTなんだけどメンテナンスしてもらう価値はありますか?』かなりの使用期間と距離からして、償却しているとみてもおかしくないかもしれない…しかし私はオーナーが自身...

チューニング・メンテナンス

How To Get In Touch

Contact

〒701-1211

岡山県岡山市北区一宮34-1

Tel : 086-897-0879

Fax : 086-897-6124

Email : info@pioniere.link