COLNAGO C64 最後のリムブレーキ仕様?!

2021-05-21 09:32

ギャラリー

COLNAGO C64  最後のリムブレーキ仕様?!_d0338933_08421584.jpg
今だから乗っておくという選択
COLNAGO C64  最後のリムブレーキ仕様?!_d0338933_08413708.jpg
コルナゴらしい独自のカラーリングは健在
COLNAGO C64  最後のリムブレーキ仕様?!_d0338933_08414983.jpg
COLNAGO C64  最後のリムブレーキ仕様?!_d0338933_10031999.jpg

もはやディスクロードがメインストリームなのは明らかな今、あえてリムブレーキを楽しむ。

約2年前にメインバイクをディスクにして、久しぶりにリムブレーキバイクに乗り替えてみる。
ディスクにしたときには特に違和感なく乗り始めたわけだけど…やはりディスクの恩恵はあることを再認識できる。
なんといってもリムブレーキ車と対比しての安心感や懐の深さだ。
しかし、リムブレーキを知っていて…という注釈がつく。リム車を知らずして解らないのだ。

レッスンをしていて、あまりにも基本的な乗車感覚が不足する方がおられ、それらをすべてバイクがカバーできる訳ではないことを知らないといけない。
タイヤも太くなりみかけのグリップは向上し安心感がある、いいことづくめに思うが実はそうではない。
バイクに負担をかける未熟なスキルでは何かのはずみで破綻するとしたらリムブレーキよりも危険領域になっていると推測されるからだ。
COLNAGO C64  最後のリムブレーキ仕様?!_d0338933_08412864.jpg
C64に乗ってみて、改めて気づいたこと。
「ああ、ロードバイクって楽しいな!」って素直な感覚だった。
最新のロードバイクに乗っている、みなさんからしたら…? なんだそれ?ですよね

もはやクルマ好きも少なくなったが、クルマに置き換えてみると
最新のクルマはどんどんエンジンのパフォーマンスは向上し、制御システムもてんこ盛りで誰もがそれなりに上手くなったように走らせることができるようになった。
昔のスポーツカーって、マニュアルミッション・ダブルクラッチ等の操作する高いスキルとクルマをコントロールするスキルも必要で、乗ること自体がスポーツだったのだけど…当然、最新のクルマのほうがスキルがなくてもみかけ速い。でも楽しいのは旧来のスポーツカーなんです。
昭和のスポーツカーをレストアして乗る方が一定数いることがそれを物語っている、今のクルマでは物足りないことを。

似たような感覚を今回感じることとなった。
電動シフトが当たり前になって久しいけれど、今回はバイクとの一体感というかコントロールする側の感覚の類になるだろうか。ロードバイクらしい軽快さがリムブレーキとディスクとは明らかに違うことを再認識した。どっちがいいというよりもどっちが楽しいか、だと思う。
初めてロードレーサーに乗ったときの、感動というか喜びを思い出したといえば大げさだけど、今回リムブレーキのC64にしてよかったと思った瞬間だった。

間違いなくリムブレーキに回帰することはないだろうから、ハイエンドのバイクで手に入れるのはもう僅かの期間でしかないように思う。
現実、C64の販売もほとんどがディスク仕様ということらしいですし、以前お薦めしたリムブレーキ用のハイエンドホイールもまたしかり…ついにBORA ULTRA WTOにはディスク仕様しか発売されなかった。
リムブレーキ用はスタンダードなWTOで最後だということなのだ。

再度、ここにも書くとしたらタイヤは間違いなくチューブレスレディになる、シビアに日々乗る中で優位性を実感できるから。※コストとか利便性でなくあくまで走るうえでの基本性能のこと

平成からロードバイクに乗る方には、最後に素晴らしいリムブレーキのロードバイクを所有しておくことをお薦めする、だって令和からロードバイクを始めた方はもはやディスクしか知らないから。
大手量販メーカーはディスクしか製造販売してませんしね、これってやっぱり商売のことしか考えてないのかって私は思うんです。

走る感覚、バイクと一体になる喜び、こうしたところはやはりコルナゴは長けていると思う。
C64の次は…リム車おそらく無いかも、そうでないことを祈るこの頃。

COLNAGO C64  最後のリムブレーキ仕様?!_d0338933_08412950.jpg
COLNAGO C64  最後のリムブレーキ仕様?!_d0338933_08411013.jpg
COLNAGO C64  最後のリムブレーキ仕様?!_d0338933_08414307.jpg
COLNAGO C64  最後のリムブレーキ仕様?!_d0338933_08421489.jpg
えっ?まだ11Sかよ?って、1枚少なくてもクロスレシオが大事なんですね (;^ω^)
COLNAGO C64  最後のリムブレーキ仕様?!_d0338933_08422415.jpg
コルナゴは是非、チクリピオニエーレにご相談ください。
どこで買っても同じではありません。
おそらく日本で一番コルナゴで走っている店主ですから(笑)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 Cicli Pioniere チクリ・ピオニエーレ
 岡山市北区一宮34-1  ☎ 086-897-0879
 OPEN:13~19時 ※時間外は応相談可
 木曜 定休日
 www.pioniere.link
 info@pioniere.link
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





お問い合わせ

スポーツ自転車に関するスクール・イベント・メンテナンス・パーツなどなどお気軽にお問い合わせください。

086-897-0879

営業時間:13:00 〜 19:00(定休日:木曜日)

関連の記事

2022-07-16

CANYON ULTMATE CF SL アルテグラDi2

素晴らしいパッケージ、ソフトはピオニエーレがフォローしますよ小柄な女性オ...

2022-07-15

HGSBT クロモリ Disc ロード

クロモリには自分だけの1台を造れる喜びがある 構想から発注、完成まで半年...

2021-12-14

COLNAGO C64 DISC マペイカラー

いよいよC64見納めか!? コルナゴのハイエンドバイクとして君臨し続けて...

2021-06-05

TTバイクをカッコよく乗ろう!

TTバイク、もはや珍しくもなくトライアスロンでは多くの方が乗っていますよね...

2021-05-25

Muller ML725 アイスブルー その2

不思議な縁というもの ARAYAのクロモリバイクに乗るオーナーがクルマと...

How To Get In Touch

Contact

〒701-1211

岡山県岡山市北区一宮34-1

Tel : 086-897-0879

Fax : 086-897-6124

Email : info@pioniere.link