コロナ禍からみえた、スポーツバイクライド

2020-07-14 17:33

店主のつぶやき

コロナ禍からみえた、スポーツバイクライド_d0338933_22535531.jpg

コロナ禍からみえた、スポーツバイクライド_d0338933_20193615.jpg

今をそして未来へ、どう素敵な人生を過ごすのか

武漢、横浜のクルーズ船の出来事を自分事として捉えることができたかというと恥ずかしながらNoです。
常日頃から、ライドでは様々なリスクを常に想像、想定しながら場面対応が大事と力説しているのだから、生活もまた同様に考えることは当たり前ですが簡単ではありませんね。

さらに3密という状況と自然空間の外部を走る特性とは乖離しており危険度は低いと思われたが、一部のSNSを中心にマラソンや自転車でも飛沫が…という情報が拡散され惑わされることとなった。現在ではこの情報も一部否定されていたりするようです。

一般社会で対面での接触が相当制限され、昨今の希薄な人間関係にさらに輪をかけた状態になり、日本では想像できなかった感染者への誹謗中傷やネットでの個人情報拡散、自粛警察というようなことが見られたのは50年生きてきて辛く悲しい出来事として残ると思います。

スポーツバイクのスクールを行う上でも、人の集まりにあたり活動を制限したり自粛を余儀なくされていますが、スポーツバイクのスキル向上にはネットで完結できないところが肝の部分として存在すると考えています。もちろんスクールの一部をオンライン化したりWEB情報化することは今後必須になると思いますが、一方でリアルでしかもグループライド的な中でしか学んだり感じたりできない部分が存在しているといえます。
外での活動を自粛するなかで、主に屋内でのトレーニングソフトが流行していますが、自粛明けにそうした人達のライドスキルの低下や場面対応でのリアクションのタイムラグがはっきりと見て取れたのも事実です。
スポーツバイクの重要なポイントは、常に変化する重心を適切なポイントに荷重移動で合わせることです。
またスポーツバイク特有のグループライドを行うためのスキルも独りでは学習できませんし、感じ取るとることもできないのが現実です。

あと勘違いされている方がおられるようなので、誤解を恐れずに書くと…
高級なバイクが未熟なライダーをフォローしてくれる訳ではない、ということ。自動車は昨今運転支援システムが大流行りですね。もはや駐車場でクルマを枠に停めれない人でさえクルマが代わりにしてくれる時代です。これらは本当に良いことなのか?という議論は置いておいて…
スポーツバイクのハイエンド商品はレース用機材です、プロが使うものを一般の人が入手できるのがスポーツバイクの特殊性だと思いますが、こうした特殊な機材をビギナーが上手く扱えるわけもなく勘違いして高級なバイクを買う方は多いようです。(※売る側の問題もあると思います。)特殊なバイクを所有する、鑑賞する的な目的なら良しとしてもこと走らせることには難易度が高いということです。

独り自分の世界で走り続けることに楽しみや喜びを感じる方もいるでしょう、ただ今まで沢山のサイクリストを見てきて思うこと、それはグループライドで楽しさや共有し、お互いの走力差を上手く補いあいながら相当の距離や時間をかけて苦楽を共にする…ということが重要ポイントではないのでしょうか。
コロナ禍から、従来の自由な活動は難しくなってきたことは確かですが、だからこそ他者を思いやり補い合うグループライドの基本は忘れてほしくないし、サイクリストとして身につけてほしいポイントでもあります。

チクリ・ピオニエーレでお伝えしたいこと
まずはご自身が安全にスポーツバイクに乗車できること(バイクと友達になればバイクは安定します)
自分の体力や能力を正確に把握して、走りをプランニングできるようになること(無理なライドが激減し怪我のリスクが減ります)
グループで協調しながらその日のライドを最大化できるようになること(グループ構成する人皆が楽しめます)

これらは、スポーツバイク文化の熟成された欧州ではごくごく一般的になされていることです。
日本ではまだまだバイク文化のビギナーが多く、個々好きなようにスポーツバイクに乗っているに過ぎない状態です。グループライドのようで実は動きに一貫性のない連なる単独走が連なるものといえます。まだ自動車社会が中心で確固たる地位を確立できていないスポーツバイクを私達が将来に向けて基盤をつくりたいと考えています。

地域で走りながらすれ違うサイクリストに、笑顔で挨拶をできるようになれたらいいなと心から思っています。
歩行者や一般の自転車には優しく、ドライバーには対等に責任ある行動で認められる…そんなふうになりたいものです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 Cicli Pioniere チクリ・ピオニエーレ
 岡山市北区一宮34-1  ☎ 086-897-0879
 OPEN:13~19時 ※時間外は応相談可
 木曜定休日
 www.pioniere.link
 info@pioniere.link
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・







お問い合わせ

スポーツ自転車に関するスクール・イベント・メンテナンス・パーツなどなどお気軽にお問い合わせください。

086-897-0879

営業時間:13:00 〜 19:00(定休日:木曜日)

関連の記事

2022-07-04

ANA NISEKO CLASSIC 2022 85kmロードレース ②

三島さんの芝ざくら、圧巻ですね! 4回目のニセコ、家族と初めて一緒に北海...

2022-03-01

3月のイレギュラー予定

今月は平日ですが研修で不在にすることが多くなります。 ご不便をおかけします...

2022-01-17

気づけば、6周年を迎えました。

ありがとうございます、Cicli Pioniereは7年目へ突入しました...

2021-09-30

スクール受講する方はどんな方なのか

スクールの受講するって、どんな方がされているのかな… また自分のような初心...

2021-01-16

5周年、ありがとうございます。

2016年1月15日に一宮にCicli Pioniereをオープンしてはや...

How To Get In Touch

Contact

〒701-1211

岡山県岡山市北区一宮34-1

Tel : 086-897-0879

Fax : 086-897-6124

Email : info@pioniere.link