UCIグランフォンド ワールドチャンピオンシップ ALBI大会②

2017-09-08 23:05

レース

なんでこうなるの???


すっかり賞味期限が切れそうな更新…すいません
あれこれしているうちに日にちが経ってしまいますね、筆が進まないのは良くない結果だからともいう。

飛行機は10時発なので、岡山を6時に出て関空に8時半くらいについて、慣れない作業にあたふた。
まずはルフトハンザのチェックインカウンターでジャブを食らう!

カウンター女性「ビジネスクラスのアップチャージがキャンペーンです」
私「?」
 「6万円?!特に困ってないのでいいですよ」
カウンター女性「それが席が一杯でして…」
私「???」※金先払いしてるしな…
 「そんな事言われましても、なんとかしてください」

たぶん5分くらい?待たされる
カウンター女性「席みつかりました」
私「はぁ、よかったです」

カウンター女性「自転車?ですか、予約がありませんね」
私「??? 事前に何かいるのですか」 
カウンター女性「当社ではHPで広報してますように、予約を…」
私「まぢで…それは知りませんでした、積めますか?」
カウンター女性「お調べします」

たぶん5分くらい待たされる…長い、まさか載せれないとか言われたらどうする…と頭のなかでぐるぐる
カウンター女性「なんとかなりました」
私「ありがとうございます」 はぁ~なんでこうなるの?
 「残りのルートの予約できますか」
カウンター女性「PC操作しながら… うーん、トゥールーズからフランクフルトまでが何故か取れません
        サービスカウンターへ電話して確認ください、出国までがいいですよ」
私「…」何それ??

あたふたと急いで出国審査をすませようとしていると、
レンタルWifiの受け取りを忘れていること…確認メールで気づき、また外へ出て取りに行く。
完全に良くないスパイラルへ突入していた(汗)

搭乗口付近でくつろぐ間もなく、例のカウンターへ電話するも繋がらない。
そうこうするうちに飛行機への搭乗がはじまった。
待ち続けること10分くらいで繋がる。

電話女性「ルフトハンザ サービスカウンターです」
私「これこれちかぢか…荷物の予約をしてもらえますか?」
電話女性「その便はすでに荷物が一杯で載せれないですね」
私「…」「いゃ、そのなんとかならないでしょうか?積めないと帰れません」
電話女性「そういわれましても、一杯ですから」
私「どうしたらいいんですか?」
電話女性「ご自身で輸送してもらうしかないですね」
私「…」

そうしたやりとりしていたら、搭乗がすべて終わり私の名前を呼んでいるではありませんか…
しかたなく電話を切り、飛行機に乗りこむ私。
のっけからファーストアタックを決められたようなレースみたいにフランス行きが始まった。
d0338933_19281206.jpg
フランクフルトへ約11時間、乗り継ぎ待ちが1時間弱、トゥールーズへ約2時間
思っていたより早いもので、それも以前にドバイ経由のイタリアへ2回ほど経験したからだと思う。
やはりヨーロッパには直で入る飛行機がいいなと実感した。
驚きはフランクフルトの乗り継ぎでドリンクの自販機でのこと…ミネラルウオーターが3ユーロ!!!
ドン引きして買うのをやめてしまいました(;^ω^)
d0338933_19281493.jpg
フランクフルト空港は飾り気もなくドイツらしく、またトゥールーズはデザインやら雰囲気が明らかに違い
フランスらしさを醸していた。やはりお国柄ですね。

フランスへついて一番の心配はロストバゲージ、案の定出てこない…
そうこうするうちに、外で待つツアー添乗員から連絡が…どうもオーバーサイズの荷物は出てくるところが違うようだ。
このあたりも全く字が読めないので解らないのだ。

ありました! とりあえず無事にバイクは来たので走れる、しかし問題は帰りのこと。
添乗員に早速相談したら、まず購入したところへ問い合わせとしてみたら、というもの。
宿で早々にするしかないか…宿はキッチン付きのアパートなので、早速夜食と朝食分を空港内の売店で購入して宿へ向かう。
フランスの日の入りは遅い、飛行機は19時くらいに着いたが乗り合わせの同じツアー客とジョイントして宿へ向かうころは
ようやく夕焼けで暗くなってきた21時ほど、途中ですっかり寝落ちしてしまった。

過ごした宿はこんな感じ
d0338933_19292201.jpg
この部屋にソファーとテレビ、奥に寝室、トイレ、バス。
二人部屋だけど、相方の到着は二日後だ。
今回、TT出場のスケジュールで早入りした。やはりコース確認に不安だったのと結果的には時差ボケが長く響いたので正解だったと思う。
翌朝、早速コースをクルマで視察と一部試乗することになった。


つづく


お問い合わせ

スポーツ自転車に関するスクール・イベント・メンテナンス・パーツなどなどお気軽にお問い合わせください。

086-897-0879

営業時間:13:00 〜 19:00(定休日:木曜日)

関連の記事

2019-04-22 14:53

第9回 おかやまエンデューロ 参加してきました♫

2年振りの表彰台  隣は14歳…凄い年の差ですね(汗)シーズンINをこの大会に位置づけしてはや9年、大会も第9回にふと思うと随分と歴史を積んできたように感じている、自分の成長と共に歩む大会に想うかつてスポーツバイク量販店勤務していた時にインストラクターとしてこの大会での優勝を目標に研鑽したころを思い出す、今ほどスポーツバイクの裾野がまだ広がっておらず...

レース

2018-12-04 19:13

どろんこ忘年会(MTBイベント)

今年で23回を数える立派なローカルイベントです。福山のMTB関係の方達による手作り、コースも有志で毎年整備してくださるもの。毎年、参加者が増え今年は参加100チームのところ134チーム、総勢400名を超えるライダーが集まった。レースは広島空港に隣接する森林公園の一部を使用した特設コース、ここを5時間走るものでチーム(おとこのみ、男女ミックス)かソロの...

レース

2018-11-18 20:26

2018年秋のバンク記録会  

ロードにはない濃密な時間を体験しよう高体連の秋季(新人戦)大会の合間に記録会があるとのことで参加てきました。本来バンクではシングルギアのピスト車で走行するのですが、底辺拡大のためにロードバイクで体験走行できて模擬レースまであるとのことです。種目は1000mタイムトライアル(女子は500m)、スクラッチ、ケイリン。しかもピストとロードバイク部門の二つあ...

レース

2018-09-28 20:57

UCIグランフォンド 世界選手権 イタリア ヴァレーゼ大会④

本場のプロとはイタリア留学した苗村氏が拠点としていたスイスにあるショップへ伺った。当時のチームメイトが今なお働き、ゆくゆくは継ぐのだという…オヤジさんは、数十何振りであっても日本からきた若者を覚えていた。オヤジさんにチューブラータイヤの貼替を頼んで仕事を見た、背中から無言でよく見て置けというメッセージが発せられていた、ように感じた。このショップには、...

レース

2018-09-20 09:09

UCIグランフォンド 世界選手権 イタリア ヴァレーゼ大会③

ハイエンドのプロトスにカンパ12Sミラノの郊外に「DE ROSA」の工房があると聞き、やはり行っとこうと飛び込み訪問。ミラノからの電車で手こずり17時前くらいだったが、快く招き入れてくれた。工場は大きな箱だったが、どちらかというと博物館的な意味合いが強いように見える。過去のチャンピオンバイクの展示や、歴代のバイクなどが沢山所狭しと置いてある。やはり私...

レース

How To Get In Touch

Contact

〒701-1211

岡山県岡山市北区一宮34-1

Tel : 086-897-0879

Fax : 086-897-6124

Email : info@pioniere.link