UCIグランフォンド 世界選手権 イタリア ヴァレーゼ大会①

2018-09-06 12:47

レース

50〜54歳クラス エントリー407名   完走 順位不明
d0338933_13341005.jpg
イタリア湖水地方にあるヴァレーゼ
d0338933_13341895.jpg
d0338933_13341497.jpg

今年というか自身の集大成として参加したレース。
万全のはずがいきなりバイクがロストバケージするというアクシデント。マルペンサの空港は職員も少なく対応が不十分だった、本来ならホテルに届けてくれるはずが丸1日たって空港から荷物来たと連絡あったくらいで埒があかず結局空港まで取りに行くという転末だった。ロスト異常に多いです、取りに行き荷物置き場の量の凄まじい事…みなさん明日は我が身ですよ。
レンタカーの手配はネットでできるが、やり取りは何かにつけて必要、ホテル・駅・店、些細なことですら容易ではなかった。結論、英語すら喋れないのに異国の地でのレースは無理がある。※単純な旅行は別かな
d0338933_13264485.jpg
スタート直前、前に見えるのはシードの各国チャンピオン
もちろん前から2列目あたりをゲット
d0338933_16513979.jpg
d0338933_13262367.jpg
400名もいると後ろは遥かかなた
d0338933_13261720.jpg
夜明けが遅い、気温14℃あたり1時間前から並ぶ
d0338933_16514433.jpg
d0338933_16531235.jpg



天候も不順で気温差から咽喉の痛みが発症、不調をなんとか整えてスタートラインにつく。
コースは130km・2000アップという数字からは想像もできない難易度。とにかく路面がひどい※対日本、道幅も狭くデンジャラスなムード満点
とにかくトラブルなく走りきることが優先ではあるが、やはり勝負をしにきてるので初めから放棄はできない。しかし、レベル高い壁に阻まれた。スタートからハイスピードで展開し常に前の20〜50人内で走るが油断するとすぐにポジションが下がる。街中で大きな落車も発生しピリピリしている※日本チャンプの西谷さん巻き込まれたらしい
12kmあたりから始まる大きな登坂で集団は粉砕ほぼ全力走、なんとか先頭から繋がってるところで耐えながら進むがピークまでの15分はそんな状態がもつはずなく30〜50人を見送る、長いダウンヒルを終えて10〜20名の集団に追いつくと西谷さんがいた。※落車後で追いつき前へ行っていたらしい
その後二つ目の峠、ここは前方で約8分耐えきり森の中のアップタウンを進む、由加山の狭路のようなところうまくポジションをとり前へ出て行けた。西谷さんの背後につきほっとした瞬間にそれは起こった。
「カーン」という甲高い音とともに手にいやな入力が、いなや尻をあげて後輪を守る。バーストはしていないブレーキも大丈夫?助かったか? しかし、程なくに制動時にフロントの違和感、リムが破損したことは明白だった。フロントのブレーキがかけれないのは致命傷だ、集団から離れて広い場所でとまる、やはりダメだった。わずか1時間ほどでレースは終わった。
d0338933_13334671.jpg
山の中はこんな雰囲気が多かった、中央車線のない道幅

次々と通り過ぎてゆく選手を見ながら茫然自失で空を見上げる。
フロントブレーキを使わなければまだ自走可能なので、様子を見ながら走り始めた。本来なら目に入らない風景を見ながら別な楽しみを得ようと言い聞かせながら。6分後スタートの55〜59歳クラスのトップ集団が抜いてゆく、昨年も感じたが相変わらずとても歳上とは思えない走り。

しばらくゆくと、メディオフォンドのルートとの分岐となる、ショートカットして帰ればいいのにそのままグランフォンドルートへ向かう。※後で後悔することになるとも知らずに…

d0338933_13260237.jpg
グルペットもきちんとした集団走がなされる
d0338933_13255860.jpg
いくつかの湖をめぐるルート、下界に集落がみえる
d0338933_13254618.jpg
空が綺麗だ

この頃にはリアブレーキだけのライドにも慣れてきて、主に55〜59クラスを中心としたグルペット集団の後ろを走る。ペースは余裕があるので結果的に登りでは積極的に前を引くようになる。走行のハンドリングが徐々に悪化してきていたのがわかっていて亀裂が進んでいた事は承知していたがなんとかなると踏んでいた。

しかし、約70km付近の登り途中で、急にフロントタイヤがパンクした。降りてみるとリムの破断が進行してカーボン繊維がタイヤサイドに刺さっていた、万事窮す予備タイヤは持っていない。

d0338933_13255034.jpg
自走不能になりストップ

d0338933_13253724.jpg
カーボンが破断
d0338933_13253369.jpg
しばし立ちすくむ横を、幾人かの知人が通り過ぎてゆく…テクニカルサービスのクルマはなかなか来ない、ようやく来たかと思えばスルーしてゆく。※正式にはサービスはないはずでTOPのみサポートか
レースディレクターのクルマを止め、リム破損で走行不能を告げると、先のエイドへ行けという。バイクを押し歩いてゆくとなんと数百メートルほどでエイドだった、ラッキー助かった。かな?
しかしそこには公式テクニカルサービスはなく、ツアーの顧客サービスでホイールを用意するグループがあるだけだった。身振り手振りで説明しホイールレンタルを依頼するも当然無理との返事。どうやって帰ろうかと、走りゆく選手を眺めながら、昨夜の会話を思い出していた。

いくつもある酷い穴ぼこに嵌りホイール壊すのでは…タイヤ持って走る?いやレースだから一発勝負だろ、もし壊れたらヒッチハイクかな…なんて、まさかホントの事になるなんて…

しかも電話は通じない、しかしトラブルは仲間が見ているので伝わる、最悪迎え来てくれるだろうか…1時間ほどして、殆どの選手が通り過ぎたころ、ツアー一団にヴァレーゼまで乗せてくれと交渉しようと近づいたら、なんとコッチへこいのゼスチャーだ。
ホイール貸してやるから走れと、クライアントが通り過ぎた今、温情で貸してくれたのだ。ゴールで交換しに来いと。さらに補給食をいくつか持たせてくれた。これで帰れる、また走れる喜びと言葉もまともに通じないけど貸してくれた厚意に涙が出て来た。
残りは約半分の70km、個人TTのつもりで走る。脚は余るので屍状態の選手を次々とパスしながら走る、周りと違う真剣走りにマーシャルや観客からアレアレやジャポネとの声がいくつもかかった。やっぱり走り見て解るのは本場だからだ。
1時間くらいした頃、前に知った背中が見えた。今回同じグループで行動するNさんだ、女子でこの130コースは過酷だ、エイド付近ではパックで元気に走っていたが力つきソロになったのだろう…追いつき声をかける、彼女をゴールまでエスコートし一緒に帰る事にした。登りで頑張りすぎるのを抑制し下りと平地を彼女の力量に合わせてリードする、順調に進みラストの高級住宅地の坂を頑張りきりゴールへ、ゴールゲートが見える。
なんとか帰ってこれた、色んな想いが交錯しなぜだか涙が出て来た。やはり全力で走れなかったこと、わかっていながらミスでホイールを潰したこと、ワンミスが命取りこれがレースなのだと。

d0338933_13335265.jpg

ゴールではたくさんの選手が入り乱れて完走を讃えあっている、

知った顔がいくつもありお互いのことを伝えあった。

d0338933_13264907.jpg
ヴァレーゼの街中にあるゴールゲートを望む

昨年は不調によりパフォーマンスが明らかに低かったので判断しかねたが、今回は現状の力はメーター数値から発揮できていた、しかし勝負に参加するには足りないことがハッキリした。残念ながら超奇跡的に上振れ?したとしても難しかったことは想像できた。
これからその次元を目指すのか、勝負に関係なく参加することに意義を見出し続けるのか…今はまだなんとも言えないけど、志向からは明白かなとも…。
アマチュアといえど、走りやバイクコントロールを見るに上位20〜30名はハッキリと元プロ級であることは違いないだろう。

余談だか、前夜のリストランテで一緒だったイタリア人参加者は誰1人として酒を飲んでいない、ビールやワインを飲む我々に対して、おまえらレース前に正気か?的なリアクション。※私は前夜は飲んでいない

トレーニングでつまらぬパワー数値に一喜一憂したり酒も好きなだけ飲む愛好家は真のレーサーでは無い、もっとテクニカルなことを訓練し今回のようなコースを自在に走れてこそレーサーと自称できるだろう。
真のバイク海苔育成に尽力したいと心から感じた世界選手権だった。

d0338933_13335722.jpg
レースに出るからにはやはり優勝・ポディウムが目標でありたい
d0338933_13340192.jpg
60代女性のチャンピオン、元世界チャンピオンだ




お問い合わせ

スポーツ自転車に関するスクール・イベント・メンテナンス・パーツなどなどお気軽にお問い合わせください。

086-897-0879

営業時間:13:00 〜 19:00(定休日:木曜日)

関連の記事

2018-11-18 20:26

2018年秋のバンク記録会  

ロードにはない濃密な時間を体験しよう高体連の秋季(新人戦)大会の合間に記録会があるとのことで参加てきました。本来バンクではシングルギアのピスト車で走行するのですが、底辺拡大のためにロードバイクで体験走行できて模擬レースまであるとのことです。種目は1000mタイムトライアル(女子は500m)、スクラッチ、ケイリン。しかもピストとロードバイク部門の二つあ...

レース

2018-09-28 20:57

UCIグランフォンド 世界選手権 イタリア ヴァレーゼ大会④

本場のプロとはイタリア留学した苗村氏が拠点としていたスイスにあるショップへ伺った。当時のチームメイトが今なお働き、ゆくゆくは継ぐのだという…オヤジさんは、数十何振りであっても日本からきた若者を覚えていた。オヤジさんにチューブラータイヤの貼替を頼んで仕事を見た、背中から無言でよく見て置けというメッセージが発せられていた、ように感じた。このショップには、...

レース

2018-09-20 09:09

UCIグランフォンド 世界選手権 イタリア ヴァレーゼ大会③

ハイエンドのプロトスにカンパ12Sミラノの郊外に「DE ROSA」の工房があると聞き、やはり行っとこうと飛び込み訪問。ミラノからの電車で手こずり17時前くらいだったが、快く招き入れてくれた。工場は大きな箱だったが、どちらかというと博物館的な意味合いが強いように見える。過去のチャンピオンバイクの展示や、歴代のバイクなどが沢山所狭しと置いてある。やはり私...

レース

2018-09-13 23:43

UCIグランフォンド 世界選手権 イタリア ヴァレーゼ大会②

試走の時に写真とっていたら、一緒にと声をかけられたレースレポートは先に書いたので、時間軸では遡ることになるが憧れのイタリア・スイス紀行でお伝えしておきたいことを綴ろう。同行した大阪・VCベローチェの苗村監督がレポートを書いてくれてますから別軸というか別視点で書きます。    ↓ ↓ ↓昨年のフランス大会で飛行機にバイクの申請をしておらず、帰路で載せれ...

レース

2017-10-10 06:52

秋の運動会、サイクル耐久レース

秋晴れのサーキットを疾走♪岡山では身近なレース、英田にある国際サーキットでの耐久レースです。ここでは春・夏・秋とイベントがありますが、一番のメインは春で参加者も多く活気があります。夏はミッドナイトということもあり夏祭り的な雰囲気、そして秋は参加者が少なくコースもまばらで走りやすいのが特徴かと思います。一定数の実力者も参加しておりますが、ホビーで走る方...

レース

How To Get In Touch

Contact

〒701-1211

岡山県岡山市北区一宮34-1

Tel : 086-897-0879

Fax : 086-897-6124

Email : info@pioniere.link