ミッドナイト エンデューロ 8時間チーム ①

2017-07-30 23:58

レース

d0338933_23132694.jpg
夏のお祭りのような大会ですね♪

もちろん、出るからには優勝が目標で無事に達成しました!


個人的には夜のリスクから参加は見合わせてきた大会ですが、今回はレッスンのコーチを担当してくれてたり、日頃からレースに勤しむコアメンバーからの参加要請から優勝目指してエントリーした。
メンバーの一人であるO君は、昨年の同大会で10時間ソロで優勝、一昨年も4時間チームで優勝と相性の良い大会だ。
私的には春のエンデューロで2016、2017と優勝を逃しており久々に勝ちたいところだ。エンデューロの面白さは個々の得意分野を活かしながら勝負の流れや展開に合わせて臨機応変に対応すること、個人ロードレースよりもその変化が緩やかでかつチーム戦ということからレース入門に丁度良いと思っている。
なので、前量販店時代からもレースに慣れることを目的としてエンデューロを選んできた、また勝つことへのプロセスや体験を得やすくその経験が後に個人への転用できるのも利点だ。

もちろん、単純なイベント、お遊びとして参加している方が殆どなのだけれど、何事もどういうスタンスで取り組むのかが重要だと考えていて、Pioniereとしてはレースも遊びも(仕事も)100%本気を推奨している。

今回の必勝作戦は、4時間のほうへ参加している日頃の仲間と強調しスタート直後のファーストアタックを決めるということだった。

夕方、仕事を早じまいしサーキットへ向う、事前情報ではなにやら土砂降りで波乱が起こりそうな予感が…現地につくと、小雨で暑さが和らいでいていたのが予想外だった。会場はすでにさながら花見会場のようにあちこちでバーベキューが行われている。これは春の大会とは全く様相が違うかな(笑)
この雰囲気だけで、お遊び99%的なムードが印象的だ。

事前の作戦と展開をメンバーとサポートとのミーティングを終え、リラックスして過ごす。夜9時スタートで明朝5時ゴールだ。日頃の朝型な生活から果たして5時まで持つのか?と不安があったのは事実だ。
知り合いのピットを巡ったりしながら楽しいひと時を過ごす、いよいよスタートが近づいてきたら、雨がぱらつき出す。スタートは8時間、4時間、そして小径車やリカンベント、ママチャリまで混走ゆえナーバスな状況だ。無事にスタートを祈りながら…そして、スタート。
予定通り、スタートからアタックがかかった。1周目4分台で戻ってくる!速い!!
ざっくり20名くらいが早くも抜け出てる模様、ウチのメンバーはちゃんと入ってるとの速報。ほっとしていたら…なんと誤報で、正式にはスタート直後にチェーン落ちからアタックに乗り損ねるといういきなり想定外な展開となる。

1周、2周様子を見る、前は順調にペースを刻み当初のもくろみどおりな流れで進む。後ろはちゃんとした集団で無く、ほぼ独走に近い追走になっている。
これはまずい、チームメンバーの独走タイムとしては遅くない(Av40くらい)が、いかんせん逃げは集団で進行しどんどん差が開く状況だ。
当初、ファーストライダーは1時間ほどの走行予定だったが、急遽変更を余儀なくされ下した判断は、全力走で前へ追いつくリレーをするということ。
急遽ピットインの伝達が上手くいかない、夜で視認性が悪くライダーの識別が上手くいかないので声かけが後手になったり、ライダーからはサインボードの視認性が悪く読み取りできないという状況だった。

ピットインまでに数周のロスがあり、セカンドライダーへ交替したタイミングでの逃げ集団との差は2分。大きなビハインドのスタートとなる。一番やってはいけないパターンで、忌まわしい春の大会を思い起こさせた…汗
ここから、兎に角出来うる限りのリレーで前を追うしかない。なぜなら目標は優勝であって、前を追わずして優勝を放棄するわけにはいかないからだ。


つづく




お問い合わせ

スポーツ自転車に関するスクール・イベント・メンテナンス・パーツなどなどお気軽にお問い合わせください。

086-897-0879

営業時間:13:00 〜 19:00(定休日:木曜日)

関連の記事

2018-11-18 20:26

2018年秋のバンク記録会  

ロードにはない濃密な時間を体験しよう高体連の秋季(新人戦)大会の合間に記録会があるとのことで参加てきました。本来バンクではシングルギアのピスト車で走行するのですが、底辺拡大のためにロードバイクで体験走行できて模擬レースまであるとのことです。種目は1000mタイムトライアル(女子は500m)、スクラッチ、ケイリン。しかもピストとロードバイク部門の二つあ...

レース

2018-09-28 20:57

UCIグランフォンド 世界選手権 イタリア ヴァレーゼ大会④

本場のプロとはイタリア留学した苗村氏が拠点としていたスイスにあるショップへ伺った。当時のチームメイトが今なお働き、ゆくゆくは継ぐのだという…オヤジさんは、数十何振りであっても日本からきた若者を覚えていた。オヤジさんにチューブラータイヤの貼替を頼んで仕事を見た、背中から無言でよく見て置けというメッセージが発せられていた、ように感じた。このショップには、...

レース

2018-09-20 09:09

UCIグランフォンド 世界選手権 イタリア ヴァレーゼ大会③

ハイエンドのプロトスにカンパ12Sミラノの郊外に「DE ROSA」の工房があると聞き、やはり行っとこうと飛び込み訪問。ミラノからの電車で手こずり17時前くらいだったが、快く招き入れてくれた。工場は大きな箱だったが、どちらかというと博物館的な意味合いが強いように見える。過去のチャンピオンバイクの展示や、歴代のバイクなどが沢山所狭しと置いてある。やはり私...

レース

2018-09-13 23:43

UCIグランフォンド 世界選手権 イタリア ヴァレーゼ大会②

試走の時に写真とっていたら、一緒にと声をかけられたレースレポートは先に書いたので、時間軸では遡ることになるが憧れのイタリア・スイス紀行でお伝えしておきたいことを綴ろう。同行した大阪・VCベローチェの苗村監督がレポートを書いてくれてますから別軸というか別視点で書きます。    ↓ ↓ ↓昨年のフランス大会で飛行機にバイクの申請をしておらず、帰路で載せれ...

レース

2018-09-06 12:47

UCIグランフォンド 世界選手権 イタリア ヴァレーゼ大会①

50〜54歳クラス エントリー407名   完走 順位不明イタリア湖水地方にあるヴァレーゼ今年というか自身の集大成として参加したレース。万全のはずがいきなりバイクがロストバケージするというアクシデント。マルペンサの空港は職員も少なく対応が不十分だった、本来ならホテルに届けてくれるはずが丸1日たって空港から荷物来たと連絡あったくらいで埒があかず結局空港...

レース

How To Get In Touch

Contact

〒701-1211

岡山県岡山市北区一宮34-1

Tel : 086-897-0879

Fax : 086-897-6124

Email : info@pioniere.link